令和3年度 新入園受付・面接について

令和3年度 新入園受付・面接を開催いたします。詳しくはこちらをご覧ください ⇒ 詳細ページへ

「幼保連携型認定こども園」移行にあたって

幼保連携型認定こども園は、「学校及び児童福祉施設としての法的位置付け」を持つ施設として、未就業児に対して一体的な教育と保育を行います。
「幼稚園と保育所両方の機能を持つ」という意味では2006年からスタートした認定こども園と同じですが、これまでは“既存の幼稚園や保育所が他の機能を追加することで認定を受ける”ルートのみだったため、「幼稚園と保育所それぞれの法体系で二重の認可を受けなければ設置できない」事務手続きの煩雑さにより、認定件数が伸び悩むなどの問題がありました。
これを解決すべく法律が一部改正され、単一の施設として「認可・指導監督が一本化」されることになりました。

幼保連携型こども園の利用者メリット

  • 親の就業時間に関わらず、幼稚園と保育との両方のサービスを一体的に受けられる。
  • 保護者の方の所得に応じた保育料になる。
  • 小学校へのスムーズな接続を目標とし、子どもの一日の生活リズムや環境の多様性に配慮された、一人一人に応じた質の高い幼児教育および保育を総合的に受けられる。

※こども園として0歳児からの保育希望者を受け入れることが出来るようになったため、従来のチャイルドルームはこの機会をもって廃業させていただくことになりました。

先生日記

PAGE TOP