アートウィークの途中経過

年長 すみれ組・ゆり組の様子です。

各チーム、順調にお店屋さんの品物を作っています♪

おもちゃつりチームは、車型飛行船・マラカス・お金を管理するレジを作っています。
マーカーは細いですが、友だちと力を合わせて根気よく!塗り残しがないように、じっくり塗っていますよ。

宝石チームは、かぼちゃの宝石や、コウモリの指輪を作っています。
ただ宝石を作るだけではなく、ちゃんとテーマの『ハロウィン』も忘れていませんよ!
不思議で素敵な宝石屋さんになりそうで、楽しみですね(^○^)

子ども同士で、「私、これ作るからそっちはお願いね!」と、分担して効率よく作ろうとしたり、「僕、こんなの面白いと思うんだけど、どう?」と、意見を聞いて話し合う、頼もしい姿がありますよ(^-^)

他にも、緩衝材でケーキのクリームを作ったり、箱に巻き付けてミイラにしたり、子どもたちの楽しいアイデアは止まるところを知りません!

子どもたちのアイディは、無限です。
しかも、素晴らしい!みんな大人が作るより本物っぽいんです。
頭の中でイメージする力は大人以上です。そうなんです。言語を使って人とコミュニケートする力は大人より劣りますが、イメージしたり、人の気持ちを読み取る力は大人以上です。この時期にこのようなことを一生懸命やることは、その力を大きく発達させます。そしてそれが小学校以降の教育に大きな力を発揮するのです。