本日は、「ピカピカデー」でした。子ども自身で、自分の身のまわりの整理整頓や清掃を行います。ピカピカ1.jpg雑巾がけも、子どもたちはレースとして楽しみます。子どもたちは、どんなことにも興味があり、大人がやっていることをやってみたくて仕方がありません。ほうきを使っていても、手伝ってあげるといって、よくお手伝いをしてくれます。効率はともかくとして、子どもの気持ちには添ってあげたいものです。

ピカピカ2.jpg自分の靴箱の中もきれいにします。月に一回だけですが、きれいにすると気持ちがいいということを感じてもらいたいものです。ピカピカ3.jpg掃除は、しなければいけないものと、理屈を押し付けるのでなく、きれいな状態であると気持ちがいいという感覚をたくさん味わうことにより、自ら行うことができる。そんな風にもっていけると良いのですが・・・。現実は、決して大人の思うとおりには行かないのですが、あきらめずに・・・。子どもたちは、楽しんでいます。